福岡県大牟田・久留米・筑後地区で相続についてのお悩は、大牟田の『ありあけ司法書士法人』へ。

ありあけ司法書士法人
相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。お問い合わせフォーム

ブログ

空き家相談窓口での相談

2019.2.18

こんにちは。山本です。
今日は、空き家相談窓口での相談員を行なっています。

今日の相談は、数十年前から占有している建物について相談でした。
元々は相談者様のおじさまの名義の不動産があるそうです。
おじさまは数十年前に亡くなり、その後奥様も亡くなったそうです。

お二人の間にはお子様がおられなかったために、相談者様のお母様が仏様を守るためにその家の引き渡しを受けたそうです。
なんとなく理解はできます。

それから相談者様のお母様が亡くなり、そのお子様がこの土地建物をどうしたらいいだろうか?という相談でした。
不動産を処分するにしても、現状のままでは処分することはできません。
おじさまの名義のままだからです。
相続人をお聞きすると、兄弟は5人おられるということでした。
おじさまが生きていたとすると130歳ぐらいということでしたので、すでに兄弟は亡くなっておられるみたいです。

解決の方法としては、時効取得なのかな?と思います。
しかし、相続人が何人ぐらいになるのかがわからないので、費用も想像の域を出ません。
現在の所有者さんは、名義人の曾孫とかになるように思います。
戸籍を取得するだけでも、30万前後は必要になると感じました。

今日は、時効取得になるだろうという話をして、検討します。ということでした。
こうやって空き家が増えていくんだろうな〜。という感想を持ちました。

やりたいと言ってくれるといいな。

相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。