福岡県大牟田・久留米・筑後地区で相続についてのお悩は、大牟田の『ありあけ司法書士法人』へ。

ありあけ司法書士法人
相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。お問い合わせフォーム

ブログ

定款認証の印鑑証明書添付

2019.4.25

こんにちは。山本です。
定款認証に久しぶりに行きました。
当法人が定款認証の代理人として、定款の認証を行います。

当法人の職員が公証役場に定款認証に行く場合には、法人から職員への復代理の委任状を提出します。
その復代理の委任状には印鑑証明書を添付します。
今回は、代表社員が定款認証に行くので、法人の印鑑証明書は不要だと考えていました。
しかし、法人が定款認証する場合は、必ず印鑑証明書が必要になります。
さらに代表社員が定款認証に行くときには、実印を書類に押印する必要があります。
実印を書類に押印することで法人の確認をすることになります。

そのため代表社員が定款認証のために公証役場に行くときには実印を持参しなければなりません。

相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。