福岡県大牟田・久留米・筑後地区で相続についてのお悩は、大牟田の『ありあけ司法書士法人』へ。

ありあけ司法書士法人
相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。お問い合わせフォーム

ブログ

停電の恐怖

2020.9.7

こんにちは。山本です。
事務所では台風10号の被害がなかったので、ほっとしております。
社員さんの被害状況は現時点では不明です。
もう少し落ち着いてから確認というところです。
ちなみに社員さんは本日、休みです。
休みなので、確認するのもなんか変な気がします。

話は変わって、私は昔、広島というところに住んでいました。
平成3年に台風18号だか19号だか大きい台風が広島を直撃しました。
30年ほど前の出来事なので、色々な部分があやふやですいません。

それで、広島では数週間、停電になりました。
理由は台風の時の高潮だか波だかで、電線に塩が付着して使えなくなったというものでした。

広島市内でも地区ごとに復旧が早い地区や遅い地区がありました。
その当時は学生だったので、停電になったところで、困ったことはテレビが見られない事やファミコンが出来ずに、夜は早く寝るというぐらいでした。

今回の台風10号では、九州各地で停電の報道がありました。

幸いなことに現在の事務所は停電にはなっていません。

事務所では、全ての業務はパソコンを使用して書類を作成しています。ちなみに本日の登記申請予定は、申請書まで印字して書類を持っていけば大丈夫な状態まで準備してあります。

当事務所は、ほとんどの登記申請手続をオンライン申請の形式で行っております。正確には半ラインというらしいですが、そんな事はどうでも良いですね。オンライン申請も、パソコンやインタネットのルーターなんかで電力が必要です。電話も停電になると使えません。

昔の黒電話は停電中でも使えたような気がしますが、事務所のビジネスホンは交換機が途中に入っているので、停電だとたぶん無理ですね。

こんな感じで電力に非常に頼っている現状を考えると、停電になると業務ができないんだと感じます。

本当は、自家発電とかまで、準備すべきなんでしょうね。予算との兼ね合いを考えると、正直、そこまでは不要かな?とも思ってしまいます。

相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。