福岡県大牟田・久留米・筑後地区で相続についてのお悩は、大牟田の『ありあけ司法書士法人』へ。

ありあけ司法書士法人
相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。お問い合わせフォーム

ブログ

証人尋問の傍聴

2021.5.26

こんにちは。山本です。
昨日は、証人尋問の傍聴に行きました。

司法書士は簡易裁判所での代理権があるので、年に数回は証人尋問を行う事があります。
非常に緊張しますし、何を聴く必要があるのか?何を聴けば立証になるのか?
基本的な事すら分からなくなってしまいます。
そのため勉強も兼ねて、証人尋問を傍聴する事にしました。

今回は、当事者2名と証人1名という3名の証人尋問です。
証人尋問、当事者尋問の順番で証人尋問が開始されました。
被告側の証人なので、被告側から主尋問、原告側から反対尋問という流れになります。
事件の筋を考えながら尋問を聞いていました。

弁護士の尋問は、さすがに慣れているなぁという感想です。
ポイントを押さえた形で尋問をしていました。
後は、証人や当事者が想定していた形と違った回答の時に、どのようにフォローするのかも見ました。
やはり裁判所なので緊張するのは仕方のない事です。
質問を変えて、答えやすいように切り替えるなどの手法も勉強になりました。

司法書士も、簡裁代理権を使いこなすためには、まだまだ経験が必要だと思った次第です。

相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。