福岡県大牟田・久留米・筑後地区で相続についてのお悩は、大牟田の『ありあけ司法書士法人』へ。

ありあけ司法書士法人
相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。お問い合わせフォーム

ブログ

境界トラブル

2021.5.28

こんにちは。山本です。
昨日は、公図上の境界と現実の境界が異なっているという相談というか話を聞いてきました。

どうしてこんな事になったのか話を聞いたところ、公図を手書きで作成したために実際は直線なのに、すこし曲がったように担当者が記載をしたみたいです。
そのためにその曲がった図面をそのままトレースを行ったので、公図も曲がってしまったみたいです。

いずれにしても、その公図を作成したのが、何十年も前の話なので、当時の担当者がだれなのかも分からないし、どうしようもないというのが正直なところです。

法律上は、図面を作成した官公署が訂正するとなっていますが、間違ったのが官公署なのかどうかも分かりません。
もしかしたら当時の所有者が曲がったように指示したのかも知れません。
そのような資料もないので、分かりません。

今回は、現実の境界と公図の境界を一致させるために、土地を分筆して払い下げをすることになりました。
こんな解決で良いのかとも思ったりしますが、仕方ないのかも知れません。

相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。