福岡県大牟田・久留米・筑後地区で相続についてのお悩は、大牟田の『ありあけ司法書士法人』へ。

ありあけ司法書士法人
相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。お問い合わせフォーム

ブログ

家賃の請求

2021.6.6

こんにちは。山本です。
話し合いをしていた家賃が違っていたので、不足分の家賃を払ってほしいと言われている人の相談を受けました。

相談者によると20年ほど前から借りていて、借りた当初は10万円だったが、家賃交渉の末、現在は家賃を5万にしてもらっているそうです。
最近、賃貸人に相続が発生して、先代がそのような話を賃借人としている事は知らないので、数年にわたって不足している家賃を払ってほしいという請求が来ているという話でした。
今回の問題は、家賃交渉を行っていた不動産業者さんが書面を作っていないという事でした。
これが当事者同士という事であれば、そんな事もあるよね。という事で振込はどうだったのですか?とかの話になります。
しかし、今回はプロが間に入っているために、減額交渉すらなかったのではないか?と言われても仕方がない状況です。
さらには、間に入っている不動産業者さんは、当事者ではないから知らないという対応だったそうです。

いずれにしても賃貸借契約は口頭でも成立するので、減額の経緯や内容を伝えていくしかないのかも知れません。

相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。