福岡県大牟田・久留米・筑後地区で相続についてのお悩は、大牟田の『ありあけ司法書士法人』へ。

ありあけ司法書士法人
相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。お問い合わせフォーム

ブログ

司法書士の営業

2016.10.3

こんにちは。山本です。
今日は、司法書士の営業って、どうやったらいいのだろうと考えるいい機会になりました。
夕方から工務店を回る機会があったので、2社工務店を回りました。
一社目で、司法書士さんの仕事って、どうしたら増えるのですか?という質問がありました。
私の考えは、仕事をしっかりこなして、お客様に満足してもらうことが一番大事だと思っています。最終的に、仕事の姿勢や正確さ、丁寧さを見てもらって、それから信頼、信用に繋げることが、仕事を増やす最も近い道だと信じています。
工務店さんによっては、1件当たり1万円バックをお願いします。というところもあります。うちは断っています。バックをすると登記費用が高くなるからという単純な理由です。登記なんて一生に何回あるか分からないから、少しぐらい高くても大丈夫というのも分かるのですが、やはり後でお客様にいやな思いをしてほしくないので、バックには賛同しかねます。
2社目では、他の司法書士さんの営業が回ってきますという話がありました。最近、ある程度大きな事務所では営業職員をおいているところがあると聞いていました。さっきも書いたように、仕事で信頼してほしいというように職人気質な事務所としては営業職って想像できませんでした。
ちなみにその工務店には、1か月に一度、営業の方が菓子折りを持って、あいさつに来るそうです。衝撃でした。そんなことまでやるのか!って感じです。
うちのような小さい事務所では、全く想像できません。しかし、やらなければ事務所が食えなくなるという危機感も持ってしまいました。
小さい町でやっている当事務所は、のんびりしていたんだなと改めて感じた一日でした。これからもお客さんに忘れられないように、回っていく必要があるのだ思いました。

相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。