福岡県大牟田・久留米・筑後地区で相続についてのお悩は、大牟田の『ありあけ司法書士法人』へ。

ありあけ司法書士法人
相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。お問い合わせフォーム

ブログ

教えるやり方

2016.11.7

こんにちは。山本です。
当事務所では、職員としてパートさんを多く採用しています。
パートタイマーで扶養の範囲内で働きたいという要望が多くて、正社員よりパートさんが増えている次第です。
パートさんは午前中もしくは午後3時までといった時間まで働いてもらっていますが、時間が短いのか中々業務を遂行していくのに四苦八苦しているように見受けられます。
司法書士の仕事は、専門用語が多いので、パートさんもしくは新人社員にとって非常になじみにくいです。
それで、当事務所では業務をある程度マニュアル化したり、業務のやり方をお客さんの視点にたって行動するように行動指針なども作っています。
私の最初に入った職場が体育会系の上下がはっきりした職場で、見て覚えろ。そして自分で考えろ!といったところでした。私の考え方の基礎ができた非常に有益な体験だったと思っています。
しかし、私が体験したような育成方法は時代遅れらしく、昔の偉い人が言ったように”やってみせ、言って聞かせて、やらせてみせ、ほめてやらねば人は動かじ”だな。と思います。
私にはまだまだやって見せる部分も少なく、言わせて聞かせるように努力ができていないのだと、今日は反省しきりの一日でした。
ちなみに先ほどの言葉は、仕事をしていくうえで私が大事にしている言葉なのですが、そのあとがあることを今日知りました。インターネットってすごいです。
”話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。
やっている。姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。”
当事務所で働くことを誇りに思ってもらう為には、仕事を承認し、任せてやること、感謝すること、信頼すること、まだまだ大事なことはいっぱいあります。
明日は、職員をほめてあげたいと思います。

相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。