福岡県大牟田・久留米・筑後地区で相続についてのお悩は、大牟田の『ありあけ司法書士法人』へ。

ありあけ司法書士法人
相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。お問い合わせフォーム

ブログ

事務所研修

2016.11.10

こんにちは。山本です。
昨日、大牟田市内の宅建業者大幸商事の社長に来ていただいて、重要事項説明について研修をしてもらいました。
この前もブログに書きましたが、親子間での生前贈与であったり、個人間の売買であったりと宅建業者を通さない個人間での取引を担当させてもらうことが増えました。
司法書士だから、権利変動についてはわかるけど建物を建てることはできません。とか、そもそも移転できません。とか、相談の段階である程度アドバイスできればと思い、今回の研修を依頼しました。
感想は、やっぱり難しかったです。
都市計画法、農地法その他法令、条例など覚えることが多すぎて、ほとんど無言な私でした。
それで、今回の研修で、2項道路、位置指定道路、但し書き道路の区別が少しついたことはよかったです。詳しく聞かれても分かりませんが、但し書き道路って権利関係が大変そうだと、いう事がわかりました。
その他には、吉野ケ里遺跡は工業団地の開発の時に見つかった話から文化財の調査地区(詳しい言い方はよく分かりませんが)の場合は、調査が必要になるので、聞き取りが必要だとの話もありました。
電線の区別だったり、水道の話だったり、およそ1時間にわたって、重要事項説明の内容というか、宅建業者さんが調査している(調査すべき?)内容について教えてもらいました。
決済の時にお世話になる宅建業者さんですが、こんなに調査して取引に至るのだと感じ、宅建業者さんへの意識が変わった研修でした。本当にありがとうございました。
これからも周辺業務についての研修を事務所で行っていけたらと思った一日でした。

相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。