福岡県大牟田・久留米・筑後地区で相続についてのお悩は、大牟田の『ありあけ司法書士法人』へ。

ありあけ司法書士法人
相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。お問い合わせフォーム

ブログ

未成年者の取消し

2017.1.10

こんにちは。山本です。
以前、子供が行った契約を取消ができるのかという相談を受けたことがあります。
事案は、子供がプレステでガチャをするための魔法石というものを買っていないのに、10万円近く購入したことになっており、その購入を取消できないかという相談でした。
子供から話を聞きました。そのとき感じたのは、子供に聞き続けると子供が緊張してしまって本当のことを言ってくれないということです。
大人でも当然、他人の前で本当のことを言うまでは、時間もかかるし、信頼してもらえるかどうか分かりません。
子供だとその信頼まで非常に時間がかかる印象を受けました。
それ以外にも、子供がプレステを使っているが、購入するときには親のアカウントを使って購入しているので、外見上親が使っているように見えるために、未成年者が購入したのかどうか明らかでないという問題もあります。
未成年者が行った法律行為は取り消すことができる。というように法律には書いてありますが、実際にその法律に基づいて取り消しをすることはできるのだろうかと思ってしまうこともあります。
ちなみにこの件は、時間がかかりましたが、最終的に取り消しを認めてもらいました。いまだに本当のことは分かりません。
あれで良かったのか?と未だに自問自答しています。

最近、インターネットで、子供が親のクレジットカードを使って購入したケースや年齢を詐称して購入したケースなど、お互いに顔が見えないために、未成年者かどうか不明なケースというものもあり、未成年者による取消って、難しいと感じます。
やはり、セブンイレブンのように本人をみて、ボタンを押してもらうような対面での購入というのがトラブルもなくていいのでは思います。

相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。