福岡県大牟田・久留米・筑後地区で相続についてのお悩は、大牟田の『ありあけ司法書士法人』へ。

ありあけ司法書士法人
相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。お問い合わせフォーム

ブログ

大塚家具の事について考えてみました

2017.2.11

こんにちは。山本です。
当事務所も私が開業してからようやく10年経ちました。
これまで色々な事がありました。順風満帆なこともあれば、そうでないこともありました。
最近、大塚家具が中期経営計画を取り下げ、再度作成するとの発表をしました。
大塚家具は事業承継というか創業者と創業者の娘との間で、経営方針の争いが発生し創業者が会社を追い出され、娘さんが経営権を取得しました。
それから新しい社長は、これまでの高級路線(基本的に値引きをしない)、徹底した接客というものを廃止し、リーズナブルな価格帯の商品と控えた接客というように戦略を切り替えました。
それからも家具のリユースであったり、セールを行ったりと、素人である私からも迷走している印象を受けます。
新社長の戦略によってこれまで築いてきた資産である顧客(大塚家具のファン)や大塚家具を形作ってきた社員の想いなどが減少したと感じます。
驚くべきことはここ数年内にここまで会社の様子が変わってしまったことです。
これは、会社のリーダーである社長によって会社(一部上場する大企業であったも)の業績が変わるという事です。
中小企業であれば、良くも悪くも社長の個性によって会社が変化します。
最近、事業承継の相談を少しづつ受けるようになりました。現社長の想いと新社長の想いのお互いを認めあい、それをさらに改善する方向で行く必要があります。
事業承継に携わる全員が会社を良くしたいとの思いを持ち事業承継にあたることができれば幸せだなと思います。

相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。