福岡県大牟田・久留米・筑後地区で相続についてのお悩は、大牟田の『ありあけ司法書士法人』へ。

ありあけ司法書士法人
相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。お問い合わせフォーム

ブログ

相続財産管理人の業務

2016.10.21

こんにちは。山本です。
昨日は、午後から初めて田川に行きました。
私が相続財産管理人を行っている本人が所有する不動産があり、その不動産を売却するために現地確認に行きました。
今回の案件は、家の中に夫が経営した会社の什器備品がいまだに存在しており、土地は本人所有、建物は本人と夫が共有というように権利関係が錯綜しています。
現地の鍵は夫が経営していた会社の破産管財人が保管しています。
私としては、早く売却をして相続財産管理業務を終了させたいと考えているので、昨日は北九州の不動産業者と田川の不動産業者に来てもらいました。
現地は、会社の事務所として使用されていたらしく、会社の事務所備品がそのまま放置されている状態でした。
また、天井にシミがあったので、たぶん雨漏りしてそうな感じです。
かなり厳しいとの評価です。
今回は、法人の備品が残っているので、破産管財人と協議する必要があることと、夫の同意がなければ売却できないことと、家の中に入るのに夫の同意がなければ不法侵入になるしで、前途多難です。

相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。