福岡県大牟田・久留米・筑後地区で相続についてのお悩は、大牟田の『ありあけ司法書士法人』へ。

ありあけ司法書士法人
相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。お問い合わせフォーム

ブログ

ベトナムにて行方不明

2017.9.12

こんにちは。山本です。
日ごろから付き合いのある不動産業者さんから相続の相談を受けました。

お子様のうち一人がベトナムに行って、連絡が付かないけど、どうしたら良いですか?といった相談でした。

3年ほど前にベトナムに行くといって、特に連絡もないという事でした。

この前、ベトナム人の妻という事件がありました。
その時は夫の葬儀に福岡に来ていたので、遺産分割協議書にサインをいただきサイン証明を公証役場にてしました。
パスポートもあったので、それはそれで解決することが出来ました。

今回の事案は連絡が付かないという問題です。

色々と問題はあるのですが、まずは戸籍の附票を見たらどうですか?という話をしました。

多分ですが、ベトナム社会主義共和国というようになっているだけです。
当然、住所は分かりません。

そのあとは、外務省に照会をかけるしかありません。

司法書士は、外務省に対する照会を行うことはできません。
したがって親族からやってもらうしかありません。

外務省の態度って、すごく悪いのでとても不安です。
また、対応が遅いんですよね。

なんで外務省なのかというと、日本人が外国に移住した場合、日本人であれば在外公館に在留届を提出する必要があります。
それがあるので、外務省にて住所を調べることができます。

それで住所が出たとして、手紙を送って連絡を取ることができれば、そのまま進めることができます。

また、在留届での住所から転居したのに、届をしていない場合は、外務省が把握している住所を調べに行くという事になります。

不安が広がります。

連絡がつくと、あとは手続きだけになるので、願うばかりです。

相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。