福岡県大牟田・久留米・筑後地区で相続についてのお悩は、大牟田の『ありあけ司法書士法人』へ。

ありあけ司法書士法人
相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。お問い合わせフォーム

ブログ

スウェーデンでの取り組み

2018.3.25

こんにちは。山本です。
今回はブロックチェーン技術を利用して、スウェーデンで登記手続の実験が始まったというニュースがありましたので、ご紹介します。

スウェーデン、ブロックチェーン技術を使った不動産取引を実施

数年前からブロックチェーン技術を利用した不動産売買の試験をしていたようです。
詳細は良く分かりませんが、この記事によると取引と同時に、その場で名義変更手続に入ることができるように記載されています。
さらに遠隔地間での取引も可能との記載があります。

この技術が日本に導入された場合、遠隔地間での取引でこれまで本人確認といった手続きは全てブロックチェーン技術での認証といったもので大丈夫というイメージになります。

ここ数年でブロックチェーン技術で、司法書士が不要になるという事にはならないと思います。

しかし、数年後にはIT技術を利用できる人とそうでない人というものが存在し、IT技術を利用できる人は新しい技術を利用して、時間を有効に利用できるようになり、そうでない人は旧態依然のまま、そんな社会が来るような気がします。

それで少しづつIT技術が広く浸透していき、司法書士は登記手続というよりも、登記手続の準備、決済業務といったエスクローに近い立ち位置になるのではないか?と想像しています。

携帯電話と一緒で、20年前ぐらいに携帯電話が出てきました。それから20年が経過して、携帯電話はなくてはならないインフラとなりました。
携帯がインフラ化した結果、ポケベルや駅の掲示板はなくなりました。

登記手続もポケベルや駅の掲示板と同じような運命をたどるかもしれません。

司法書士がそうならない為に、常に情報のアンテナを張り続ける必要があるなと感じます。

相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。