福岡県大牟田・久留米・筑後地区で相続についてのお悩は、大牟田の『ありあけ司法書士法人』へ。

ありあけ司法書士法人
相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。お問い合わせフォーム

ブログ

思い込みによる行動

2021.6.20

こんにちは。山本です。
まだ梅雨は空けていないのですが、ここ数日は最高気温が30度越えの毎日でぐったりしています。
すでに夏に入った感じがします。

夏日が続く日々の中、家の庭に植えているトマトもちょこちょこ出来ています。

トマトは私の父が世話をしております。
庭に植えているトマトは毎年、大変なことになります。

トマトは脇芽といって、枝分かれした部分から新たに芽が生えてきます。
その脇芽を切らないと、トマトは横に大きくなっていき、茂ってしまいます。

毎年、父には脇芽を採ったほうが良いと思うよ。と伝えるのですが、「脇芽がある方が、たくさんできる」と言っています。
確かに枝が多いほうが、トマトはたくさんできるように思います。
しかし、枝が多い事で、トマトの通気性は悪くなり、結果的に収穫量は減ってしまいます。

私の父は、思い込んでしまうと行動を変えることが出来ないんだと思います。
誰にでもそのような事はあります。

何事も「この方法が良い」と勝手に思っているだけで、実際にはもっと良い方法があるかもしれません。
なにごとも聞く耳を持つ事と謙虚にやってみることです。
そうする事で、得られるものは多いと思います。

自らの行動がそのようになっているのかと振り返る機会になりました。

相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。