福岡県大牟田・久留米・筑後地区で相続についてのお悩は、大牟田の『ありあけ司法書士法人』へ。

ありあけ司法書士法人
相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。お問い合わせフォーム

ブログ

サブリース契約

2021.6.24

こんにちは。山本です。
昨日、サブリース契約の相談を受けていました。

サブリース契約とは、アパートを持っている賃貸人がサブリース会社にアパートを期間を定めて賃貸します。
その時の賃料を例えば月50万円と決めておきます。
それでサブリース会社が賃貸人として賃借人から賃料を受け取るというシステムです。

アパートなどで固定収入だから安心!なんて広告をしている会社です。

しかし、サブリース会社から決まった賃料が入ってくるのは大体2年ないし3年という契約になっています。
そのため入居率が悪いと当然に家賃の改定があります。
そうなると当初、考えていた賃料収入から減額する事になり、結果的に固定収入ではありません。

入居率が良かったとしても、家賃は固定なので、アパートの所有者にとって、あまり良い契約とは言えません。

サブリースだから安心という事はなく、やはりアパート経営も事業なんだと思いました。
賃貸収入という不労所得で生活するというのは難しいと感じました。

相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。