福岡県大牟田・久留米・筑後地区で相続についてのお悩は、大牟田の『ありあけ司法書士法人』へ。

ありあけ司法書士法人
相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。お問い合わせフォーム

ブログ

パチンコ遊戯人口の減少

2021.10.1

こんにちは。山本です。
最近、ネットのニュースでパチンコの遊戯人口が過去最低だったとのニュースを見ました。

私が大学生の頃は、学校に行かずパチンコ店にいつもいる大学の同級生もいました。
学生時代を過ごした1990年代のパチンコ遊戯人口は2800万人から2900万人もいたそうです。
その当時は人口の4人に1人がパチンコ台で遊んでいたという事ですから驚きです。

2021年は813万人まで遊戯人口が減少しました。

これでも多いとは思いますが、かなりの減少です。

私が行っていた大学は田舎にあったので、娯楽はパチンコ店ぐらいしかありませんでした。
そのためパチンコ店に行っていましたが、今は全く行きません。
行かない理由としては、遊ぶためにお金がかかりすぎるからです。
また1円パチンコなんてのもありますが、そこで時間を使うぐらいなら本を読んだ方がよっぽど有意義だと思っています。

あとは退屈な時間に動画をみたり、ネットニュースを読んだりと家にいてもやれることが増えたこともあります。

ライフスタイルの変化に伴って、娯楽の主役だったパチンコが衰退している。
そんな時代の変化を感じます。

やはり時流に乗ったビジネスというものの重要性を再認識します。

相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。