福岡県大牟田・久留米・筑後地区で相続についてのお悩は、大牟田の『ありあけ司法書士法人』へ。

ありあけ司法書士法人
相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。お問い合わせフォーム

ブログ

ワクチンの接種証明書

2021.10.13

こんにちは。山本です。
今日は、久留米市内の施設に入所されている本人にあいさつに行きました。

その施設ではワクチンの接種証明書の提出を求められました。
初めてなので、緊張しました。

ワクチンを接種した時にシールが貼ってある予防接種済証という書類を提示して、写しを取られました。
色々なやり方があるんだと思った事とこの接種証明書が書面なので、無くなると大変なことになりそうなので、とても心配になりました。
接種証明書を電子化するという話が以前にテレビで報道されていました。
電子化するという事は、どこかにワクチンを接種の有無のデータを保管する必要があり、接種の有無は個人情報だから電子化は反対だという論調がありました。
確かにそれはそれで一理あります。
今回のように接種証明書を提示する必要がある場合に、当該書類がどこにあるのか分からないという事が発生する前になにかしら保全するという手立てがあっても良いように思いました。

相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。