福岡県大牟田・久留米・筑後地区で相続についてのお悩は、大牟田の『ありあけ司法書士法人』へ。

ありあけ司法書士法人
相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。お問い合わせフォーム

ブログ

カードの無断使用の取り消し

2021.10.19

こんにちは。山本です。
以前、カードを無断で使用された結果、知らないところでカードの借入残高が増えていたという相談を受けました。
内容としては、子供がゲームで課金をしてしまい結果的に借り入れをしたような形になったという話です。

これはどの程度、親の責任が発生するのか?
そんな問題と関係がしてきます。
しかもこのケースは、子供が遊んでいたゲーム内で、どのようにしたのか分からないのですが、クレジットカードのデータが抜き取られてしまい、10万円近くの課金が発生していました。

最近のゲームでは月々に課金される上限を決めることが出来るようになっていたりします。

課金のデータを見ると、日本時間の夜中1時もしくは2時前後に大量の課金が発生している事が判明しました。
そうなると通常の子供(相談者は中学1年生でした)であれば、寝ている時間になります。
債権者と交渉をして、結果的にいくらかの金額で和解を行いました。

しかし、このように子供が明らかに使用している時間に課金がされていた場合であれば、当然に支払い義務が発生するという事になります。
子供の行った法律行為は取り消すことが出来るのですが、使用しているのは親のカードであり、その課金を誰が行ったのか明確になりません。
カードの管理は、人任せにせず自らで行うべきです。

相続に関すること、どんなことでもお気軽にご相談ください。